消費税が変わったらどうすればいいですか

ここのところ消費税率変更が話題に上ることが多いですね。消費税が変わった場合、EC-CUBEの運用ではどんなことを気をつける必要があるでしょうか。

EC-CUBEの修正
 
 実はEC-CUBEは、税率変更した場合におかしな挙動になる箇所があります。税率5%で購入してMyページの購入履歴を見たときと、その後管理画面で税率10%で購入してMyページの購入履歴を見たときに、明細行の小計の金額が変わってしまうのです。税率を変更すると、購入履歴の明細の金額だけが新しい税率で再計算されてしまうのですね。ただし合計金額は変わりませんので、足し算が合っていないように見えてしまいます。
 
 この現象は管理画面の受注管理でも同様です。
 
 これをどのように修正するかは検討の余地ありなのですが、税率変更の前には対応されると思いますのでEC-CUBEの最新版をチェックしましょう。
 
 おそらく修正にはデータベースの変更や、ちょっとした移行バッチが必要になると思います。税率変更が迫ると、対応に追われてしまいますので気をつけましょう。

切替時の税率計算について
 
 通常、ネット通販の売上は商品発送時になると思います。ですから消費税も商品発送時に発生していることになります。
 
 しかし、お客様がECサイトで注文してから、発送するまでにはいくらかタイムラグがあります。注文時に5%で、出荷時に10%だったらどうしたらいいのでしょうか。
 
 その点を税理士さんに聞いてみたことがあります。
 
 基本は発送日に税率で消費税をとるべきなので、あらかじめ分かっているのであれば、その税率で契約するべきですし、発送日が不明な場合、変更間近の取引については混乱を避けるために、発送時の税率になることを明記し、
そうなる可能性を伝えるべきで、この場合は確定後の請求にならざるを得ないと思われます、と教えていただきました。
 
 ということは、出荷日分のラグを踏まえて、EC-CUBEの税率を変更するという対応が必要そうです。お客様への説明含めて、なかなか難しい課題ですね。
 
 前回の消費税率変更は1997年ですからずいぶん時間がたっていますね。当時と現在のネット通販の事情は違いますから、次回は経済産業省かどこかから税率変更時の税率の扱いなどについて明確な指針等が出るかもしれません。
 
 いずれにしても前もって準備して計画的な対応が必要ではないかと思います。

2013/02/01追記:
新たに、「EC-CUBEで消費税の変更対応の準備として何をすればよいですか」という記事を書きました。
http://ec-cube.systemfriend.co.jp/consult/consult0026/