APIで広がる、EC-CUBEの世界(弊社での実例)

プラグインとAPI その1」でも紹介していますが、EC-CUBE 2.12系から API機能 がデフォルトで実装されています。
弊社では、それ以前からAPIを独自に実装して、iPhoneアプリとの連携を行なえる様にして、ShopBankというサービスを運用していました。(現在は新規受付を停止しています。iPhoneアプリの作成案件は随時受け付けています)

ShopBank-Topページ

ShopBankでは、iPhoneアプリからAPIを利用して各ショップの商品情報を取得し、アプリから軽快に商品を閲覧できる様にしています。
また、注文フロー周りの情報についてもAPIでやりとりできるようにし、アプリ内で購入も行えるようにしています。

また、EC-CUBE 2.12系から、標準機能としてAPIの枠組みが用意された事に伴い、
商品登録API」についても作成し、”商品登録iPhoneアプリ「ECCUBE工房」連携”プラグインとして公開しています。
(ロゴ画像のお姉さんがShopBankからの系譜を感じさせますね)

商品登録iPhoneアプリ連携プラグイン

このプラグインでは、商品登録用iPhoneアプリから投稿された、商品画像を含む商品データをAPIで受け取り、商品データとして登録するようにしています。
また、この手のAPIでは認証部分についても気を遣う必要がありますので、セキュリティを確保しつつ 使い勝手も失わずに済む、トークン認証方式を導入しています。
更に、以下の様なAPIについても追加しています。(全て、トークン認証を行なう様にしています)

  • カテゴリ取得API
  • 商品ステータス取得API
  • メーカー取得API
  • 発送日目安取得API
  • サイトパラメータ取得API
  • 規格名取得API
  • 規格分類取得API
  • トランザクションID取得API
このプラグインは、トークン発行/管理機能や、上記のAPIを単独で利用したい場合、また、これらのAPIをもとに更に機能追加したい場合にも利用価値のあるプラグインとなっています。

一例として、弊社で作成した、エア書道オンラインショップがあります。
(右側の男性モデルの顔に見覚えのある方もおられるかもしれませんね)

エア書道オンラインショップTOPページ エア書道オンラインショップ-商品詳細ページ

このサイトは、Kinectを利用した全身空間書道「AIR SHODOU」で描いた書をプリントしたグッズを購入できるサイトなのですが、エア書道で描いた”書”を、自動的に商品として登録できるようにする必要がありました。
それで、”商品登録iPhoneアプリ「ECCUBE工房」連携”プラグインを導入し、その上で、「Tシャツの色 × 書のプリント位置」、「Tシャツのサイズ」といった商品規格データについても自動で登録されるように商品登録APIにカスタマイズを加えました。
こうする事で、少ない工数で、Kinect側アプリからの商品登録機能を実現する事ができました。

幾つか実例をご紹介しましたが、APIを利用すると、EC-CUBEで出来る事の枠が拡がる事を感じていただけたなら幸いです。

その他にも、こんな事はできないの?と思われた事がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。