オープンまでの日数はどのくらいですか?

 「善は急げ」といいますが、ECサイト出店を決意したら一日でも早くお店を立ち上げたいと思いますよね。そうなんですが、やっぱりオープンまでに多少時間がかかってしまいます。今回は、どういう作業にどれほどの日時がかかるのかというテーマで書いてみたいと思います。

 すぐにでも開店したい方が、一番最初にやらないといけないことは、何だと思いますか? 普通、サーバを借りるとか、そんなことをイメージするのではないでしょうか。実は決済モジュールの選択とクレジット代行会社との契約なんですね。この契約ですが、カード会社の審査がある関係で、各社だいたい申し込みから1ヶ月かかってしまうのです。申し込む前に普通は2社か3社くらいから見積を取って検討すると思います。そんなふうに考えますと、オープン時にちゃんとカードが使えるようにしようと思えば、最短でも40日くらいはかかるということになります。これを忘れていると、クレジットカードが使えるのはオープンから1ヵ月後・・というようなことになってしまうから要注意です。

 SSL証明書も時間がかかる場合があります。ベリサインのように団体の実在確認とかが入るものは時間がかかりますので要注意です。

 EC-CUBEのインストールや、オーナーズストアで購入したテンプレートの適用などは、1日あればできます。決済モジュールもすぐ入れられます。このあたりがさくっとできるのはEC-CUBEの良い点ですね。

 改造をする場合は時間がかかることがあります。改造をする場合は、具体的に何を改造するか考えなければいけません。例えば「のし」や「ラッピング」が指定できるようにしたいという場合も、「のし」や「ラッピング」は有料か無料か、複数の商品を購入したとき別々にラッピングするのか同梱するのか、全ての商品がラッピング可能なのか、などなどもっと具体的に決めないといけないことがあります。そういうことが決まってから、「ではカート画面ではこういう指定ができないといけませんね」ということがはっきりして、初めて改造ができるのです。簡単な改造でも、具体的にどうしたいのかを考えるときに案外時間がかかるので要注意です。EC-CUBE工房では、たくさんのサイトを改造していますので、どういう仕様にするかアドバイスすることができます。結果としてスピーディーです。

 改造そのものにかかる時間は、簡単な改造でしたら2,3日です。改造項目がたくさんあったり複雑な改造であれば2ヶ月くらいかかります。

 デザインの変更もきちんと時間を取っておく必要があります。よいものにしようと思えば、それなりに内容を練るための時間が必要だと考えられます。

 一番たくさんの時間がかかる可能性のあるもう一つの要素は商品情報の登録です。商品情報はECサイトの命です。なので、写真を準備したり、説明文を作ったりという点ではがんばりたいところ。そこで商品の種類がたくさんあると結構大変だと思います。商品の登録作業そのものも、数百点あると結構大変です。ちなみにアルバイトを雇って、ある商品のカタログから商品の写真をスキャンしてカタログに書いてある簡単な説明を入力してもらったとき、慣れてくると1時間に10件ほど登録できました。最低でもこれくらいの時間はかかりますので、商品登録の準備時間も計算しておく必要がありますね。

 ECサイトオープンには、今回考えたようないろんな要素が関係してきます。それで、どんなにシンプルなサイトでもカード決済をすることを考えると1ヶ月半くらいは考えておかないといけないと思います。