SEO 商品詳細ページの Keywords を自動挿入

最近ではkeywordsは効果がないという説の方が幅を利かせているようです。とはいえ、マジメに設定して逆効果になることはありませんので、なるべく少ない労力でさくっと設定できるのならやっておいたほうがいいはずです。

今回の記事は、まじめなSEOの話というよりは、Yahoo!テキスト解析をとにかく何か使ってみたら面白くないかな、、という記事です。もっと実用的な話は、こちらへ。SEO 商品詳細ページの Description 及び Keywords に商品詳細情報を利用する

では、さっそく検索エンジン最適化の一環として商品詳細ページの Keywords について自動挿入するようプログラムです。商品詳細説明文を Y! テキスト解析 API のキーフレーズ抽出 になげて説明文から商品の特徴となるような単語を抽出し、それを Keywords として表示されるようにします。

data/class/pages/products/LC_Page_Products_Detail.php#process に以下のコードを挿入して下さい。なお $app の アプリケーションID は自身で取得して変更して下さい。

        // キーワードの設定
        $app = "ytnUmemxg66Du3ebeEBmfgYQVeBfzV2QmFz_XJwsYaG2FOk2f0Pj.LYlpLU-";
        $txt = $this->arrProduct['main_comment'];
        $kwd = "";
        $sep = "";
        $this->arrPageLayout['description'] = "";
        $this->arrPageLayout['keyword']     = "";

        // 詳細
        $this->arrPageLayout['description'] = $this->arrProduct['name'];
        // 単語
        $txt = urlencode($txt);
        $res = simplexml_load_file("http://jlp.yahooapis.jp/KeyphraseService/V1/extract?appid={$app}&sentence={$txt}");
        if ($res !== FALSE) {
            foreach ($res->Result as $record) {
                $kwd = $kwd . $sep . $record->Keyphrase;
                $sep = ',';
            }
        }
        $this->arrPageLayout['keyword'] = $kwd;

このY! テキスト解析ですが、METAタグで使うよりはリスティング用のキーワードを探すために使うという方法のほうが、実用になるかもしれません。。